トップページ 会社概要 WEBマーケティング支援事業 口コミマーケティング事業 メディア事業 問い合わせ ポリシー
LPO事業
SEO事業
WEB制作

LPO対策サービス
LPOとは?
■LPOとは
WEBサイトには様々な目的で訪問者が来るため、多くのテーマ、多くの情報を多く持つ必要があります。しかし逆に訪問者は自分に必要な情報を早く見つけたいため必要な情報が見つけにくいとサイトを離脱して他のサイトを訪問してしまいます。

企業のWEBマーケティングにおいて、費用対効果の改善は必要不可欠。費用対効果の改善の為には、訪問者が必要としている情報に早くたどり着けるように改善し、サイトの離脱者を減らし、コンバージョン率を高めていく作業が必要となります。

その作業がLPO(ランディングページの最適化)ということになります。
■LPOはSEO/SEMの費用対効果向上の切り札です
LPOを実践することにより、SEO/SEMの費用対効果向上が期待できます。
それは検索キーワードがサイト訪問者の目的であり、その目的を見つけやすく、共感されやすい文章で、検索キーワードごとにランディングページのキャッチコピーや画像類を変えて最適化をしていくからです。

つまり、訪問者の目的を第一に考えて検索キーワードごとにランディングページを用意することがLPOなのです。
ランディングページとは、一般的にSEM(検索キーワード連動広告)、バナー広告、メール広告をクリックした時、もしくは検索サイトでの一般検索(SEO)からユーザーがサイト訪問時に最初に接するページのことを言います。
LPO(ランディングページ最適化)とは、一般的にランディングページのキャッチコピーやボタンなど画像をA/Bテスト(比較テスト)を行いサイト遷移率を高めていくことを言います。
弊社のLPOの概念はランディングページ単体に限らず、ランディングしたページから目的のページまでの遷移を含むサイト全体の最適化をLPOと定義しています。
詳しくは弊社運営のLPO対策専門サイト LPO対策 をご覧ください。